マイカーローンの審査について

蓄えのない人が新車を購入する場合は、マイカーローンを組んで購入する必要があります。
マイカーローンとは、自動車を購入するときの融資のことです。
金融機関から借り入れを行って新車を購入するため、融資を受けられるかどうかの審査が行われます。
その審査に通過すれば融資を受けられますが、通過できなければマイカーローンを組んでもらうことはできません。
マイカーローンで審査ポイントになるものは次のとおりです。
勤続年数はどのぐらいか、勤務先はどんなところか、過去の借り入れについて、金融事故の履歴、年齢、年収、現在の他社での借り入れ状況などです。
万が一審査に通りにくいような場合には、保証人をつけることで通過できる可能性があります。
ただし、保証人には経済力のある人を指名するようにしなければなりません。

ちなみに金融事故の履歴というのは、過去に自己破産した経歴があるかどうか、また債務整理を行った履歴があるかなどがチェックされます。
過去に金融事故を起こしたことのある人は信用を得ることが難しくなり、不利になる場合があります。
年収があれば年齢は関係ないと思うかもしれませんが、マイカーローンでは年齢も関係あります。
例えば、大体において20歳以上の成人でなければ申し込むことはできません。
未成年者はローンを組むことができません。
未成年でも自動車ローンを組むことは可能ですが、その場合は保護者を連帯保証人にすることを求められます。
他の金融機関での借り入れは通過しにくい要素となります。
他の金融機関でのローンの履歴については、信用情報機関でチェックできるようになっています。

http://www.ohanami-festa2013.net/を参考にしてください。
マイカーローンの審査に役立つ情報が多くあります。

また債務金額が多い人はローンが通りにくくなります。
ローンを通りやすくするには、平均年収が200万円以上あること、勤続年数が長いこと、できれば持ち家に住んでいること、借家住まいでも継続して家賃を払い続けていることなどが必須条件です。
また、各種支払の延滞などがないこと、頭金を多めに用意できることも大事です。